オーダーカーテンの施工事例 | メリーカーテン

シンプル、ナチュラル、モダンな定番から、 トルコ風、オーガンジーなど個性派まで多彩な品揃え!もちろん遮光などの機能性商品もあります。サンゲツ・アスワン・タチカワブラインド・東リ・スミノエ・川島織物セルコン・リリカラ等のカタログ・現物見本の出張・生地サンプルもご用意できますのでお気軽にお問い合わせください。メリーカーテンは2004年に大阪府・大東市にオープンしたオーダーカーテン・ブラインド、ロールスクリーンなどインテリア専門のお店です。 オーダーカーテンにとって採寸は重要ポイントです!商品のことを知り尽くしたプロが正確に採寸いたしますのでご安心してお任せください。お部屋のイメージにあったインテリア選びをインテリアのプロがお客様のお部屋をトータルでコーディネート致します!お客様のニーズに120%お応えできるようなご提案を心がけています。出張エリアは大阪府を中心に兵庫、奈良、京都に無料採寸・お見積もり致しますのでお気軽にお問い合わせください♪また、マンションの内覧会にも同行致します! お買い得なメリーカーテンオリジナルのドレープなど、お客様にご満足いただけるサービスを提案していきます。

ナチュラルテイストのリビングにオーダーカーテンを取り付け 東大阪市

IMG_005524

データ

取付時間:
1時間

部屋:
リビング

地域:
東大阪市

建物:
新築一戸建て

取付数:
2窓

種別:
/

値段:
ドレープ:35,000円/レース:28,000円/装飾レール:13,000円/ボトムボーダープレーンシェード:15,000円

メーカー:
スミノエ

商品名:
ボトムボーダードレープ(上D-9182/下D-9223/1.5倍ヒダ)


寸法:
W3,000×H2,230

メーカー:
川島織物セルコン

商品名:
レース(PL-1542E/1.5倍ヒダ)


寸法:
W3,000×H2,230

メーカー:
TOSO

商品名:
装飾レール(レガートプリモ/色ナチュラルグレイン/キャップB)


寸法:
3mネクスティダブル

メーカー:
スミノエ

商品名:
ボトムボーダープレーンシェード(I型コード式/上D-9182/下D-9223)


寸法:
W700×H1230

要望

壁が白く、床はフローリング。お客様の新築のお宅は、シンプルなナチュラルテイストでした。この雰囲気に合うデザインのカーテンをご要望されていました。
ただ、シンプルで無地のものでは、せっかくオーダーカーテンにする魅力が失われてしまうため、お客様と相談しながらアクセントカラーの入ったカーテンをご提案しました。

ナチュラルテイストのリビングのカーテン

今回は、東大阪市のお客様です。新築一戸建てを建てられた際にカーテンのご依頼をいただいた実例をご紹介します。

お客様は、以前に弊社からダイレクトメールをお送りしていた方でした。新築を建てられるため「オーダーカーテンの相談をしたい」と、お電話にてお問い合わせいただいたのがきっかけです。

それから一度、お客様にはご夫婦で弊社にお越しいただき、お話をお聞きしました。ある程度はここでデザインなどの方向性を決めましたが、最終的には実際にお宅を訪問して詰めていきました。

アクセントカラーを入れたボトムボーダーカーテンをご提案

お客様は、ナチュラルテイストなシンプルなデザインがお好みでした。そのため、新しいご住居も白い壁にフローリングといった雰囲気でした。そして、

「この家の雰囲気に合うカーテンにしたい」

というのが、お客様のご要望でした。そのため、カタログでカーテンをご覧になっているときも、シンプルな無地のカーテンを候補として挙げておられました。

しかし、それではせっかくオーダーカーテンにするのにもったいないと考え、

「シンプルなカーテンにひとつアクセントカラーを入れてみてはいかがでしょう?」

と、ご提案させていただきました。

お客様ご夫婦にお好きな色をヒアリングしながら、ブルー系やオレンジ系を候補に挙げつつ、最終的にグリーンに決定しました。

IMG_005523

さらに、リビングの窓が2つ並んでいるのに着目。そこで、同じグリーンのアクセントカラーを入れたカーテンを並べると、部屋に統一感が生まれキレイにまとまりますと、ご提案させていただきました。

IMG_005524

癒し効果のあるグリーンはリビングにぴったり

今回の商品の特筆すべき点は、デザイン性です。

お客様自身、機能というより見ためや質感のほうを重視されていました。

今回のような上部にクリーム系の配色をし、下段にアクセントカラーを配色するというデザインのカーテンは、まずはどちらかの色を先に決めます。

今回は、お客様のご希望によりクリーム系のベースカラーが先に決まり、そこに合わすような形でアクセントカラー(グリーン)を決めていったという流れになります。

グリーンは、こういったナチュラル系の色にマッチしますし、たとえばここにイエロー系の色を差すよりは良いアクセントになります。

また、グリーンには癒し効果もあるため、家族が憩うリビングにはぴったりな色だといえるでしょう。

ちなみに写真の右のカーテンが、上についているのが装飾レールで、かかってるのがボトムボーダードレープになります。その後ろにレースを取り付けています。

レースはシュールレースといって、編み込んだ感じのデザインで最近では珍しいのですが、少しずつ人気が出てきているタイプです。編み込みのため風通しが良いのも特長です。

そして写真の左が、ボトムボーダープレーンシェードになります。

オーダーカーテンのグリーンは既製品では得られない風合いがある

上記のとおり、アクセントカラーとして利用したグリーンですが、決して既製品のカーテンでは得られないような風合いのグリーンとなっております。

オーダーカーテンの特徴の一つとしてサイズが自由に選べるというのもありますが、なによりも色味を自由にできるというのも、大きなポイントだと思います。

こんな雰囲気にしたい!こんな落ち着ける感じにしたい!シンプルだけど、既製品にはないオリジナルな感じにしたい!

こういった要望にこたえられるのは、サイズではなくオーダーカーテン独自の色を選べるところにあると思います。

もし、ナチュラルテイストなリビングに合うオーダーカーテンをお考えの方は、お気軽に有限会社室内計画のメリーカーテンにご相談ください。

オーダーカーテンのご相談はこちら!