オーダーカーテンのコラム | メリーカーテン

シンプル、ナチュラル、モダンな定番から、 トルコ風、オーガンジーなど個性派まで多彩な品揃え!もちろん遮光などの機能性商品もあります。サンゲツ・アスワン・タチカワブラインド・東リ・スミノエ・川島織物セルコン・リリカラ等のカタログ・現物見本の出張・生地サンプルもご用意できますのでお気軽にお問い合わせください。メリーカーテンは2004年に大阪府・大東市にオープンしたオーダーカーテン・ブラインド、ロールスクリーンなどインテリア専門のお店です。 オーダーカーテンにとって採寸は重要ポイントです!商品のことを知り尽くしたプロが正確に採寸いたしますのでご安心してお任せください。お部屋のイメージにあったインテリア選びをインテリアのプロがお客様のお部屋をトータルでコーディネート致します!お客様のニーズに120%お応えできるようなご提案を心がけています。出張エリアは大阪府を中心に兵庫、奈良、京都に無料採寸・お見積もり致しますのでお気軽にお問い合わせください♪また、マンションの内覧会にも同行致します! お買い得なメリーカーテンオリジナルのドレープなど、お客様にご満足いただけるサービスを提案していきます。

カーテンとロールスクリーンを同じ部屋に取り付けるのはアリ!?コーディネート例も併せて紹介

「カーテンとロールスクリーンは窓のサイズによって使い分けたい。」「でも、カーテンとロールスクリーンが同じ部屋にあると、違和感があるんじゃないか」というお悩みを抱える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、実際のコーディネートとしてロールスクリーンとカーテンを同じ部屋に取り付けることは、珍しいことではないのです!

今回は、そんな性質が全く異なる二つの窓際アイテムを使ったコーディネートを、実際の事例を交えて紹介いたします。

また、丸窓や少し変わった形状の窓に合わせるなら、どちらが適しているのかについてもまとめてみましたので、是非参考にしてみてください。

事例でみるカーテンとロールスクリーンの両方を使ったコーディネート

カーテンとロールスクリーンは性質が全く異なるアイテムです。

なので多くの方は、「合わないんじゃないか」とお悩みなのではないでしょうか。

しかしながら、オーダーカーテン専門店で働くコーディネーターでも、カーテンとロールスクリーンを同じ部屋に取り付けるコーディネートをすることは珍しくありません。

では、実際どのようにコーディネートしているのでしょうか。

コーディネート事例と照らし合わせながら、詳しく見ていきましょう。

【事例1】子供部屋にロールスクリーンとカーテンを取り付け

カーテン_ロールスクリーン_コーディネート事例

「子供部屋はかわいらしさを残しつつシンプルにしたい」というお客様の要望をもとに、コーディネートした事例です。

大きな窓にはワンポイントとしてアクセントカラーを取り入れたカーテン、色付きの壁紙にある小窓には白のロールスクリーンを取り付けました。

「かわいらしさ」と「シンプルさ」を両立させることは難しいようにも思えます。

しかし、お部屋づくりのプロであるコーディネーターであれば、この二つを両立するお部屋づくりは不可能ではありません。

小窓と腰高窓、どちらをカーテンにするか、どちらをロールスクリーンにするかでも更に印象は変わるでしょう。

事例記事:寝室と子供部屋をコーディネート

【事例2】オシャレな寝室に合うオーダーカーテンをコーディネート

カーテン_ロールスクリーン_コーディネート事例2

「壁紙の色に合わせたコーディネートをしてほしい」というお客様の要望をもとに、ロールスクリーンとカーテンを取り付けた事例です。

縦のストライプが入った壁には、上下に開閉する縦長の小窓が取り付けられていました。

窓の開閉のしやすさ、壁紙が活きる見た目にするためにロールスクリーンを提案しました。

また、壁紙の雰囲気に合わせて、カーテンも少し変わった「リーフ柄」を採用。

色合いを全体的に暗い色にすることで、壁紙の雰囲気を崩すことなく、高級感のある印象になりました。

事例記事:オシャレな寝室に合うオーダーカーテンをコーディネート

小窓のような特殊窓にはロールスクリーン、大きな窓にはカーテンが合う

今回紹介した2つの事例に共通すること、それは「コーディネートする窓の大きさ」です。

小窓にはロールスクリーンを、腰高窓や掃き出し窓にはカーテンを取り付けています。

小窓は通常の窓とは違い、上下や前後に開閉するものが多いです。

なので、機能的な面でも、上下に開閉することができるロールスクリーンが適しているといえます。

また、小窓にカーテンを付けるとなると、カーテンレールの取り付けが必要です。

カーテンレールが小窓の上についていると、見た目も少し重くなってしまいます。

どうしてもカーテンにこだわりたい方には、シェードカーテンという種類のカーテンをオススメします。

ロールスクリーンとカーテンの要素を兼ね備えた「シェードカーテン」もオススメ

joue05-min

「カーテンっぽい見た目が好き」もしくは「カーテンをロールスクリーンのようにすっきりさせたい」というのであれば、シェードカーテンがオススメです。

シェードカーテンであれば、ロールスクリーンとの相性も良く、見た目もスッキリさせることができます。

同じ部屋に取り付けるのであれば、シェードカーテンを選択するという方法もあります。

コーディネートに不安がある場合はプロにすべて任せるのも一つの方法

窓 測定 カーテン 業者

カーテンと、ロールスクリーンを同じ部屋に取り付けた例を紹介しましたが、「自分でコーディネートするのは少し自信がない」という方もおられるかと思います。

実際、色や大きさの選び方を少しでも間違えてしまうと、違和感のもとにもなってしまいます。

上記で紹介した事例は二つとも、プロのコーディネーターによるものですので、不安がある方は一度オーダーカーテンの専門店へ行ってみることがオススメです。

オーダーカーテンの専門店では、お部屋のコーディネートだけでなく、窓の測定や購入後の取り付けまで行ってもらえます。

カーテンは長く使うものですので、せっかくならおしゃれにしたいかと思います。

カーテンとロールスクリーンを同じ部屋につけたいと考えられている方は、一度オーダーカーテンの専門店に相談しましょう!

カーテンとロールスクリーンを同じ部屋につけるなら大阪の『メリーカーテン』まで!