オーダーカーテンのコラム | メリーカーテン

シンプル、ナチュラル、モダンな定番から、 トルコ風、オーガンジーなど個性派まで多彩な品揃え!もちろん遮光などの機能性商品もあります。サンゲツ・アスワン・タチカワブラインド・東リ・スミノエ・川島織物セルコン・リリカラ等のカタログ・現物見本の出張・生地サンプルもご用意できますのでお気軽にお問い合わせください。メリーカーテンは2004年に大阪府・大東市にオープンしたオーダーカーテン・ブラインド、ロールスクリーンなどインテリア専門のお店です。 オーダーカーテンにとって採寸は重要ポイントです!商品のことを知り尽くしたプロが正確に採寸いたしますのでご安心してお任せください。お部屋のイメージにあったインテリア選びをインテリアのプロがお客様のお部屋をトータルでコーディネート致します!お客様のニーズに120%お応えできるようなご提案を心がけています。出張エリアは大阪府を中心に兵庫、奈良、京都に無料採寸・お見積もり致しますのでお気軽にお問い合わせください♪また、マンションの内覧会にも同行致します! お買い得なメリーカーテンオリジナルのドレープなど、お客様にご満足いただけるサービスを提案していきます。

カーテンレールに洗濯物をかけてはいけない4つの理由

カーテンレールに洗濯物を干すのはNG

天気が悪くて外で洗濯物を干せない日、「カーテンレールに洗濯物をかけて干している」という方が、意外と多いのではないでしょうか?

結論から述べますと、カーテンレールの耐重量以内の重さであっても、カーテンレールに洗濯物を干すことはオススメできません

今回の記事では、やってしまいがちだけどカーテンレールに洗濯物を干してはいけない理由をお伝えします。

カーテンレールで洗濯物を干してはいけない4つの理由

4つの理由イメージ

  1. カーテンレールが傷んでしまうから
  2. カーテンの表面に付着したホコリが洗濯物に付くから
  3. カーテンにカビが生えてしまうから
  4. 部屋干し独特のニオイが強くなるから

たとえ少しの洗濯物でも、カーテンレールにかけて干さない方がいい理由は、大きく分けて4つあります。

以下でそれぞれの理由を簡単に、説明しましょう。

【1】カーテンレールが傷んでしまうから

とてもシンプルなことですが、カーテンレールに洗濯物をかけると、カーテンレールが傷んでしまいます。

ハンガーによってカーテンレールに傷が付く程度ならまだしも、洗濯物の重みでカーテンレールが歪んでしまうことがネックです。

また、壁にネジでカーテンレールを固定している場合、壁の取り付け部分ごとカーテンレールが壊れてしまうケースも大変多いです。

カーテンレールが外れてしまうだけでなく、壁にも傷が出来てしまうため、大幅な修繕費用が発生するリスクがあります。

【2】カーテンの表面に付着したホコリが洗濯物に付くから

カーテンの表面には、たとえ目には見えなくてもたくさんのホコリが付着しています。

※ホコリを吸い寄せる原因の静電気が起きにくい制電カーテン、自然素材100%ならホコリの付着度は比較的低いですが、それでも全くホコリが付かない訳ではありません。

カーテンレールに洗濯物を干すと、カーテンの表面に付着したホコリが洗濯物にも移ってしまいます。

せっかく衣類をキレイに洗濯したのに、干した後にホコリがたくさん付いたのでは、意味がないです。

特に、ハウスダストアレルギー体質の方が、ホコリの付いたままの衣類を着ることはよくありません。

【3】カーテンにカビが生えてしまうから

先ほど、”カーテンが洗濯物におよぼす悪影響”について指摘しました。

実は、これと逆の事、つまり“洗濯物がカーテンにおよぼす悪影響”も存在します。

水分がたっぷり含まれた状態の洗濯物をカーテンレールにかけると、その周辺の空気の湿度がきわめて上昇します。

洗濯物に雑菌が繁殖して、その雑菌はカーテンにも移ってしまうのです。

湿気をまとい雑菌が繁殖したカーテンは、とてもカビやすくなります

こだわってオーダーカーテンを作った方にとって、カーテンレールで部屋干しを行う最大のデメリットは、ココにあるでしょう。

【4】部屋干し独特のニオイが強くなるから

部屋干しと言えば、独特の生乾きのニオイが気になりますよね。

カーテンレール、つまり窓辺に洗濯物を干してしまうと、この部屋干し独特の嫌なニオイが強くなる傾向にあります。

“部屋の端”である窓辺は空気の動きが少なく、悪天候で窓を閉めている場合、風通しも悪いです。

つまり、カーテンレールに洗濯物を干してもなかなか乾かないと言えます。

洗濯物が乾くまでに時間がかかると、その分ニオイの原因である雑菌の繁殖数も増えるため、部屋干し独特のニオイを強く感じてしまうことが多いのです。

オーダーカーテンをキレイに長持ちさせるなら、カーテンレールに洗濯物を干すのはNG

正しい部屋干しのイメージ

以上、カーテンレールに洗濯物をかけてはいけない理由を4つ、お伝えしました。

  • 壁に取り付けるタイプの突っ張り棒
  • 折り畳み・キャスター式のハンガーラック
  • ドアに引っかけられる部屋干し用フック

カーテンレールの代わりに、上記のような部屋干し向きグッズを使ってください。

衛生的にも見た目的にも、せっかくこだわって作ったオーダーカーテンをキレイに保ちたいなら、カーテンレールに洗濯物を干すことは避けましょう。

オーダーカーテンをキレイに保つための方法を知りたい方は、下記コラムも合わせてご確認ください。

⇒ カーテンのホコリが気になる方はコチラ
※「カーテンに付いたホコリを掃除する3つの方法」のコラムへリンクしています。

⇒ カーテンの洗濯方法を知りたい方はコチラ
※「カーテンの洗濯方法と干し方」のコラムへリンクしています。

オーダーカーテンのことならメリーカーテンにご相談ください。