オーダーカーテンのコラム | メリーカーテン

シンプル、ナチュラル、モダンな定番から、 トルコ風、オーガンジーなど個性派まで多彩な品揃え!もちろん遮光などの機能性商品もあります。サンゲツ・アスワン・タチカワブラインド・東リ・スミノエ・川島織物セルコン・リリカラ等のカタログ・現物見本の出張・生地サンプルもご用意できますのでお気軽にお問い合わせください。メリーカーテンは2004年に大阪府・大東市にオープンしたオーダーカーテン・ブラインド、ロールスクリーンなどインテリア専門のお店です。 オーダーカーテンにとって採寸は重要ポイントです!商品のことを知り尽くしたプロが正確に採寸いたしますのでご安心してお任せください。お部屋のイメージにあったインテリア選びをインテリアのプロがお客様のお部屋をトータルでコーディネート致します!お客様のニーズに120%お応えできるようなご提案を心がけています。出張エリアは大阪府を中心に兵庫、奈良、京都に無料採寸・お見積もり致しますのでお気軽にお問い合わせください♪また、マンションの内覧会にも同行致します! お買い得なメリーカーテンオリジナルのドレープなど、お客様にご満足いただけるサービスを提案していきます。

カーテンの上飾り(バランス)とは? | 人気の種類や取り付け方を紹介

カーテンの仕立てには、様々なアレンジがあります。

カーテンレールを隠すように取り付ける布地の装飾、「上飾り」もその1つです。

(別名は「バランスカーテン」や「トップトリートメント」など)

今回の記事では「ゴージャスな部屋を作りたい!」という人にピッタリな、カーテンの上飾りに関する情報をお届けします。

カーテンの上飾りの種類

カーテンに上飾りをつけることで、エレガントクラシカルな仕上がりになります。

ヨーロッパ風のインテリアが好きな人に好まれており、ホテルや結婚式場などでもよく使われます。

以下は、定番人気の上飾りデザインの種類です。

  • フラットバランス
  • ギャザーバランス
  • スワッグバランス
  • エレガントバランス

基本の「フラットバランス」

フラットバランス

上記画像の引用元:https://style-curtain.osaka/curtain/works-14/
(カーテンは『リリカラ』というメーカーのもの)

「フラットバランス」とは、様々な部屋・サイズの窓にあう、シンプルスタイリッシュなバランスのことです。

上の参考写真のように、裾のラインを直線にするだけでなく、波型やアーチ形にカッティングするアレンジも楽しめます。ビーズやパールなどの装飾を縫い付けても、可愛らしいです。

「カーテンバランスを取り付けたいけど、ゴージャスになりすぎるのはちょっと……」という人におすすめです。

可愛らしい「ギャザーバランス」

ギャザーバランス

※image

「ギャザーバランス」は、その名の通りギャザーを寄せたバランスのことです。

基本はゴージャスになるバランスのなかで、ギャザーバランスは比較的カジュアルで、可愛らしい印象になります。

裾にフリンジをつけて、フリフリ感をさらにアップさせると可愛いですよ。

豪華な「スワッグバランス」

スワッグバランス

※image

「スワッグバランス」は、水平方向にヒダを取ってつくる、装飾性の高いエレガントなバランスです。

カーテンをスワッグバランスで仕立てれば、高級ホテルやレストランのように、部屋が一気に豪華に見えます。

落ち着いた「エレガントバランス」

エレガントバランス 引用-min

上記画像の引用元:https://style-curtain.osaka/curtain/works-16/
(カーテンは『リリカラ』というメーカーのもの)

1つの大きなスワッグで、ゆったりエレガントな印象に見せるのは、「エレガントバランス」です。

先述したスワッグバランスよりも、豪華なイメージは控えめになり、書斎や寝室といった落ち着いた部屋へのコーディネートがしやすくなります。

当社『メリーカーテン』で取り付けた、上飾り付きカーテンの事例

スワッグバランス

上記は、当社『メリーカーテン』が実際に取り付けた、スワッグバランス付きカーテンの写真です。

ゆったりと、そして豪華な見た目で、シャンデリアなどのインテリアとも相性抜群です。

カーテンの上飾りの付け方

カーテンの上飾りの取り付け方は、様々あります。

窓辺の事情によって、使い分けるとよいでしょう。

  • 「バランスレール」を使う方法
  • 「カーテンレール」を使う方法
  • 「カーテンボックス」を使う方法

「バランスレール」を使う方法

バランスレール

上記画像引用元:TOSO『ニューバランス』

カーテンの上飾りを付けるために、上記のようなバランスレールを取り付ける方法があります。

この方法で上飾りをつけると、カーテンレールが綺麗に隠れるので、見た目は1番美しいです。

レールの取り付けは、一般の人が行うには難易度が高く、販売店などの取り付け工事サービスを利用することがおすすめされています。

「カーテンボックス」を使う方法

カーテンボックス

上の写真のようなカーテンボックスがある場合も、上飾りを取り付けることは可能です。

マジックテープのオスをカーテンボックスに接着し、あとはマジックテープのメスがついている上飾りを、バランスよく貼り付けていくだけでOKです。

箱っぽい見た目のフラットバランスと、相性がいい取り付け方法です。

「カーテンレール」を使う方法

カーテンレール

カーテンレールが空いている場合も、カーテンの上飾りを取り付けることができます。

上の写真のカーテンレールは2連レールですが、3連レールの場合、ドレープ(厚地)カーテンで1つ、レースカーテンで1つ使うとして、1つレールが余りますよね。

この余ったレールに、カーテンの上飾りを取り付けることが、1つのアイデアです。

しかし、スワッグバランスなどのボリューム感のあるバランススタイルは、カーテンレールではうまく表現できません。

いっぽう、ギャザーバランスくらいのボリュームならば、綺麗に出すことができます。

具体的な取り付け方はカーテンと同じで、フックを使ってレールに引っ掛けることになります。

カーテンの上飾りは手作りできる?

DIY、裁縫が得意な人は、好きな生地を使ってカーテンの上飾りを手作りしているようです。

また、「ミシンをうまく使えない!」という人でも簡単に真似できる、上飾りコーディネートは、コチラ。

シンプルなスワッグバランスを大きな布で簡単に!

てづくり上飾り-min

上記画像引用元:http://motanainointerior.blog.fc2.com/blog-entry-60.html

大きくとろみのある布地をカーテンポールに引っ掛けるだけで、こなれた海外風の窓辺に!

本格的にカーテンの上飾りをコーディネートする前に、雰囲気だけでも試してみたい人は、上記のような、簡単な手作りの上飾りを付けてみるとよいかもしれません。

まとめ

以上、カーテンの上飾りについての情報でした。

お部屋の雰囲気が一気にゴージャスになる、そんな上飾りを取り付けてみてはいかがですか?

また、「これから新しくカーテンを選ぶ、上飾りも込みで仕立てたいな!」という人へ。

カーテンバランスをドレープカーテンと同じ生地で仕立てれば統一感のある豪華さに、あえて別の生地で仕立てればアクセントの効いたオシャレな豪華さに、それぞれ違った魅力がありますよ!

上飾りつきの、豪華で高品質なカーテンを選ぶなら、大阪のオーダーカーテン専門店『メリーカーテン』におまかせください!

⇒ お問い合わせはコチラから!