オーダーカーテンのコラム | メリーカーテン

シンプル、ナチュラル、モダンな定番から、 トルコ風、オーガンジーなど個性派まで多彩な品揃え!もちろん遮光などの機能性商品もあります。サンゲツ・アスワン・タチカワブラインド・東リ・スミノエ・川島織物セルコン・リリカラ等のカタログ・現物見本の出張・生地サンプルもご用意できますのでお気軽にお問い合わせください。メリーカーテンは2004年に大阪府・大東市にオープンしたオーダーカーテン・ブラインド、ロールスクリーンなどインテリア専門のお店です。 オーダーカーテンにとって採寸は重要ポイントです!商品のことを知り尽くしたプロが正確に採寸いたしますのでご安心してお任せください。お部屋のイメージにあったインテリア選びをインテリアのプロがお客様のお部屋をトータルでコーディネート致します!お客様のニーズに120%お応えできるようなご提案を心がけています。出張エリアは大阪府を中心に兵庫、奈良、京都に無料採寸・お見積もり致しますのでお気軽にお問い合わせください♪また、マンションの内覧会にも同行致します! お買い得なメリーカーテンオリジナルのドレープなど、お客様にご満足いただけるサービスを提案していきます。

「一体型カーテン」とは?| 見た目・メリット・デメリットを紹介【姫系】

一体型カーテンとは?

「一体型カーテンという名前をどこかで知ったんだけど、いったいどんなカーテンなの?」

今回は、一体型カーテンについてもっと詳しく知りたい人に向け、一体型カーテンの特徴を総ざらい!

特徴や見た目、メリットやデメリット、オススメの購入先などを解説します。

一体型カーテンとは?

一体型カーテン イメージ1

上記画像引用:楽天市場『Sugoi』

一体型カーテンとは、ドレープ生地とレース生地を重ねて上部で縫い合わせてある一見2枚組ですが実は1枚組のカーテンのことを広く指します。

取り付ける際も、カーテンレールは1本で構いません。

基本的にレース生地のほうが前にきて、付けるお部屋にボリューミーエレガントな印象を与えます。

派手な柄はあまりなく、無地のドレープ×繊細なレースの組み合わせの一体型カーテンが定番かつ、人気商品です。

女の子の子ども部屋や、姫系のインテリアが好きな人の自室などに、よく選ばれます。

一体型カーテンの人気商品と、その見た目

以下、ネット通販に対応している様々なショップから、一体型カーテンの人気商品をピックアップしました。

「一体型カーテンの見た目が気になる」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

【1】姫系の一体型カーテン(楽天市場『Sugoi』より)

姫系一体型カーテン

上記画像引用:楽天市場『Sugoi』商品ページ

楽天市場のショップ『Sugoi』が展開している、姫系の一体型カーテンです。

カーテン上部の上飾りが特徴で、これがあることで一気に部屋がエレガントに見えます。

【2】星柄の一体型カーテン(楽天市場『kkhome』より)

星柄一体型カーテン-min

上記画像引用:楽天市場『kkhome』商品ページ

星柄の一体型カーテンも人気が高いです。上記は、楽天市場のショップ『kkhome』のもの。

グラデーションカラーのドレープ生地と、星が散りばめられたレース生地が、ロマンティックな印象を与えてくれます。

【3】シンプルでオシャレな一体型カーテン(『MUTUKI』より)

シンプルオシャレ一体型カーテン

上記画像引用:MUTUKI『Elaine』商品ページ

ナチュラルな雰囲気のお部屋にも合う、シンプルでオシャレな一体型カーテンを販売しているのはインテリアショップ『MUTUKI』です。上記は「Elaine」という商品。

やわらかなディティールが美しく、2級~3級遮光やUVカットなど機能性の高さもポイントです。

※なお、ここで紹介したカーテンは、予告なく廃番になる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。商品に関するお問い合わせは、各ショップへお願いいたします。

【POINT】「タッセル」にこだわると一体型カーテンはもっとオシャレに!

カーテンタッセル-min

一体型カーテンは、1枚目のカーテン(レースカーテン)を端ではなく、真ん中で束ねることで、可愛らしい印象が増します。

となると重要なのは、カーテンを束ねるアクセサリーであるタッセル

ストーン付きのものやフリンジ付きのものなど多種多様ですので、ぜひカーテンの色・素材感に合わせて選んでみましょう。

⇒ カーテンアクセサリーについてもっと知る人はコチラから

一体型カーテンのメリット

  1. カーテンレールが1本でも大丈夫
  2. カーテンの開け方を変えて「雰囲気の違い」を楽しめる

【メリット1】カーテンレールが1本でも大丈夫

現代のお家では、カーテンレールは2本あることが一般的です。

しかしごくまれに、部屋によってカーテンレールが1本しかない場合があります。

その場合、ドレープとレースの両方を付けたいなら、カーテンレールを増設する手間・工夫が必要になりますが、一体型カーテンならカーテンレールが1本のままでも済みます

【メリット2】カーテンの開け方を変えて「雰囲気の違い」を楽しめる

一体型カーテン 開閉イメージ-min

上記画像引用:『MUTUKI』プロダクトページ

2種のカーテンを「どちらかのみ開けるか」、もしくは「どちらも閉じるか」によって雰囲気(見た目)の違いを楽しめることが、一体型カーテンの大きな魅力の1つです。

なお、これは一体型カーテンのメリットというより、フロントレーススタイル全体のメリットと言えるかもしれません。

【関連コラム】

⇒ フロントレースカーテンの魅力 | 華やかなレース模様が主役

一体型カーテンのデメリット

  1. 遮光性能がイマイチかもしれない
  2. 重たい

【デメリット1】遮光性能がイマイチかもしれない

一体型カーテンの多くが、遮光性能付きです。

とはいえ、様々な一体型カーテンの口コミを読んでいると、遮光性能については「可もなく不可もなく」と評価している人が多い印象。

特にレースのほうは、遮光性能・目隠し性能に特化しているミラーレースカーテンなどと比べると、機能的には劣るかもしれません。

【デメリット2】重たい

一体型カーテンは、本来なら1枚ずつ分かれているカーテンが、くっついているカーテンです。

洗濯などのお手入れのために、カーテンを取り外そうと思ったら、想定よりも重くて苦労するかもしれません。

なお、カーテンレールは通常の状態なら、”一体型カーテンの重みに耐えられなくて落ちる”ということはまずないでしょう。

しかし、壁との取り付け部が緩んでいるなど、レールに何らかの経年劣化が見られる場合は、取り付け前に改善しておくことをオススメします。

一体型カーテンはどこで買う?

様々な一体型カーテンを、見た目や価格で比べながら安く買うなら、『楽天市場』で購入することがオススメです。

⇒ 『楽天市場』で「一体型カーテン」を見る

この記事のなかでも取り上げている一体型カーテン「Elaine」を取り扱う『MUTUKI』は、総合インテリア通販ショップですが、オーダーカーテン・既製カーテンの両方を豊富に取り扱っていて、カーテンを探しているなら一見の価値があります。

⇒ 『MUTUKI』で「一体型カーテン」を見る

一体型カーテンは、特殊な作り方である都合上、「イメージ違い・サイズ違いでの返品お断り」としている通販サイトが多いです。

口コミではよく「レースの質感が思ったのと違った」「写真で見る色と違った」とのコメントをよく見かけます。

同じ後悔をしたくない人は、お近くのカーテン専門店・インテリアショップ・ショールームに直接、一体型カーテンを見に行ってみましょう

行きたいお店やショールームに、一体型カーテンのサンプルがあるか分からないので、事前に問い合わせることをオススメします。

「ドレープ&レース」でレースを主役にするなら「フロントレーススタイル」もオススメ

フロントレースカーテン2-min

「一体型になっているカーテンが欲しい」というよりは、「レースカーテンが目立つカーテンが欲しい」ということなら、レースカーテンを部屋の内側に・ドレープカーテンを窓側に取り付ける、フロントレーススタイルもいいアイデアです。

一体型カーテンの独特なボリューム感を出すのは難しいですが、レース・ドレープ、それぞれ好きな柄を選ぶことができ、機能性にもこだわることができます。

インレースシェード

また、「レースが前にくるほうがいいけど、ボリューム感はいらない」という場合も、フロントレーススタイルなら対応できます。

レールとは別の装置が必要ですが、フロントレーススタイルのシェード・ロールスクリーンが特にコンパクトな印象。

【フロントレーススタイルのカーテンの取り付け事例】

⇒ リビングを明るく見せるリーフ模様のレースカーテンが主役のコーディネート

⇒ 人気のレースインのダブルシェードでリビングを華やかに 平野区

まとめ

以上、一体型カーテンとは何なのか、基本的な情報をまとめてご紹介しました。

可愛らしいお部屋づくりをしたい人に、一体型カーテンはピッタリです。

いっぽうで、「カーテンの機能性重視!」という人にはあまり向いていないかもしれません。

それぞれの生地の機能性を重視しつつ、レースが主役になるカーテンを取り付けたい場合は、オーダーメイドのフロントレーススタイルを検討してみましょう。

大阪周辺でこだわりのカーテンを取り付けるなら、オーダーカーテン専門店『メリーカーテン』にお任せください!